【クライミング教室】12月20日 つづら岩岩登り講習

アプローチ途中にある「綾滝」。誰かがお参りにきているようで、お神酒がお供えしてありました。 伊豆・城山の予定でしたが、日帰りのつづら岩に変更しました。

千足バス停の駐車場に駐車(1日500円)して、徒歩1時間半!で取り付きに到着です。最後が急登なので、アルパインクライマーにはいいトレーニングになります。日陰は寒いですが、岩場は南面なので冬でも登れます。岩場は50mほどの高さですが、マルチピッチ(2P)で上に抜けて、徒歩で取り付きに戻ります。

 到着したのが正午近かったので、まずは腹ごしらえしてから右クラック(Ⅳ級)でウォーミングアップ。その後は一般ルート、左ルートを登り、最後にオケラルート(オケラのように手を使ってチムニーを抜けて行くから?)で岩に挟まれて終了しました。今日は風が多少あるものの、日向はあたたかで、上に抜ければ都心のビルや富士山が良くみえました。展望は最高!の岩場です。

 

左ルート(Ⅳ級)をフォローするT嬢。ロープワークもだいぶ上達しました。

 

 

 

 

 

 

左ルート(Ⅳ級)をフォローするT嬢。クライミング技術もロープワークも上達してきました。

【マウンテン教室】12月12-13日 富士山雪上技術講習会

河口湖から見た富士山 雪山登山で最も大切な技術の一つである雪上技術講習を富士山の五合目付近で行いました。

初日はスバルラインが閉鎖しているため、富士吉田登山道の一合目の馬返からの入山になりました。宿泊場所の佐藤小屋(五合目)周辺でアイゼンワークや滑落停止技術を行いました。ロープ真ん中の人の滑落を止める訓練。

 山岳会やガイドなどの講習会も多く、五合目付近はたくさんの人でにぎわっていました。

【机上講習】12月9日 雪山装備の解説とマウンテン&アルピニストスクール入校式

講師は遠藤校長
講師は遠藤校長

 いよいよ12月にはいり、雪山シーズンが始まりました。色々と揃えてもらいたい装備があるので、今日はそれに先だって雪山装備の解説&入校式を行いました。

 「自分が目指す山」によって装備は変わってきます。AGS-Jでは本州で寒さが厳しく、マイナス20度にもなる八ヶ岳周辺の登山を想定した雪山装備全般についての解説となりました。
 12月から5月までの半年間で開催される雪山スクールの入校式もその後に行われました。
各スクールの教室は入校しなくても一般参加も歓迎いたしますので、是非お越し下さい!

12月6日 奥多摩・越沢バットレス岩登り【クライミング教室】

 6日の一日のみ岩登りに行ってきました。

前日は雨だったので岩の乾き具合が心配でしたが、多少濡れているものの、問題無く登れました。

まずは第二スラブ1P目終了点から左ルートを登り、再び第二スラブに戻って完登。午後からは右ルートを登って、再び鋸ルートを登って終了しました。岩場は他にアイゼントレーニングをする2パーティしかおらず、快適に登れました。

AGS-J案内のダウンロードページを設けました。

AGSJホームページより各種案内のダウンロードが可能です。

buz003← こちらをクリックしますとダウンロードページにとびます。(http://www.agsj.org/Documents/

  • 登山学校の案内
  • ガイド養成学校
  • 山岳レスキュー講習会、検定の案内
  • 山岳遭難保険加入の案内

です。また、山岳レスキュー技術については、セルフレスキューレベルの講習会も実施予定となっています。